50代になってどんなファンデーション選びに悩んでいる方へ。50代の女性の肌に合うファンデーションを紹介しています。

50代のファンデーション

クリームファンデーション ドラッグストア プチプラ

メディアのクリームファンデーションの口コミ

更新日:

こんにちは!

カオリンです

今朝の肌は、観た感じはそれほど乾燥してる感じじゃないんですが、鼻の周りがピリピリ痛かったので、何かに反応したのか、乾燥していたのか?

今日のファンデはどれにしようかな~とみていたら、目に留まったのが「メディア クリームファンデーション」です。

メディアって何だっけ?ってちょっとわからなくなった方に・・・

ドラッグストア、スーパー、ホームセンターなどで

こんな棚に売っているプチプラの化粧品です。

「media」と表示されていますね。

メディア(media)は、カネボウの40代以降に向けたセルフメイクブランドです。

どうやらメディアは、コンビニのファミリーマートでも取り扱いされているようです。

口紅の限定色も置いているらしいですよ。

こちらの色ですね、可愛いですけど、付けたらどうなのかな。

私が個人的に好きなのはアイブロウですね。

なんと、くり出しタイプで500円というお値段で、結構長持ちしちゃうんですね。

小さいのでポーチに入れて持って歩いていました。

時々眉が消えてる時に書き足してました。

メディアのプチ情報が長くなってしまいました

 

メディア クリームファンデーションってどんなファンデーション?

メディアのクリームファンデーションは、SPF25/PA++、25g入りで、全部で4色あります。

使用色は、標準色のOC-01です。

保湿成分(ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、真珠エッセンスなど)が配合されていて、しっとりした仕上がりです。

お値段はなんと1,100円。

テクスチャ―は、割と緩めのクリームです。

40代以上向けで、高保湿のクリームファンデーション・・・と聞くと、なんとなくですが、ちょっと厚塗り感のあるファンデーションかと思ってました。

ところが、このメディアのクリームファンデーションは、どちらかというと、薄づきのタイプに入ると思います。

 

メディアのクリームファンデーション使ってみました【画像】

さて、今朝の写真はというと

やたらすっぴんのようでした・・・・

 

このくらいの肌にはなってほしいですよね(加工して白をふんわりかけました)

ちゃんと塗ったつもりだったんですが。

最近、ファンデーションの塗り方って、意外と難しいと思ってきてしまいました。

ちゃんとした塗り方とか、プロみたいにとかそういうことじゃなくってね、単純に適量がどのくらいかってことなんですね。

個人的には薄づきが好きなので、薄く塗ると素肌っぽくなりすぎたり、多めに塗ると、粉っぽくなりすぎたり。

 

今のファンデーションって、粒子が細かくて、厚塗りっぽくなりにくくなってるんで、厚塗りになった、ってことは案外少ないんですけどね。

ちなみに、今日は、ファンデーションブラシで全体に伸ばしてみました。

メディアのベースメイクには、全体的に「赤」が仕込んであって、黄ぐすみをカバーするような設計になっているそうです。

こちらの写真は、ルナソルのクリームファンデーションの標準色と色を比べた画像です。

これを見ると、メディアのファンデが若干赤みがあることがわかりますよね。

赤とは言っても、「隠し赤」なので、塗った時に赤くなるとかそういうのはありません。

いつも使ってもいいんですが、たまに、肌がとてつもなく乾燥してる・・・なんていうような時のために、レスキュー的にあってもいいファンデかもしれません。

このクリームファンデーションも、ミニサイズがファミマに売っているそうです。

500円なので、お試ししてみたい方は、ぜひファミマに行ってみてください♪

メディア クリームファンデーション

-クリームファンデーション, ドラッグストア, プチプラ

Copyright© 50代のファンデーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.